本ページはプロモーションが含まれています

「海のはじまり」津野くん|水季との関係は?3話の絵本・

ドラマ『海のはじまり』
水季の同僚の津野くん(池松壮亮)のことをまとめました!
(フジテレビ系月9ドラマ毎週月曜9時~)

『海のはじまり』は目黒蓮さん主演
「親子の愛」をテーマにしたドラマです。
ヒロインは有村架純さんです。

目次

「海のはじまり」津野くん:池松壮亮(いけまつそうすけ)

『海のはじまり』は『silent』脚本家デビューした生方美久さんが脚本を手掛るドラマです。

プロデューサーは村瀬健さんです。

池松壮亮さんは津野晴明を演じています

津野(池松壮亮)は主人公の月岡夏(目黒蓮)の元カノである南雲水季(古川琴音)が働いていた小田原市立中央図書館の同僚の役です。

ドラマでは「津野くん」とい呼ばれています。

2001年
劇団四季ミュージカル「ライオンキング」のヤングシンバ役でデビュー「半分の月がのぼる空」

「横道世之介」
「愛の渦」
「紙の月」
「ぼくたちの家族」
「セトウツミ」
「裏切りの街」
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
「デスノート Light up the NEW world」
「梅ちゃん先生」
「MOZU」
「灯火」

プロデューサーは村瀬健さんのコメント

がん検診て、、、
なんか面倒になりがちですよね!

自宅でできる検診があります。
私もやってみました。
体験談をぜひご覧ください!!

第1話「海のはじまり」津野くんは南雲水季の恋人?

津野くんは32歳の司書です。

シングルマザーである水季を支える存在だったようです。

津野は、32歳の司書。水季(古川琴音さん)が月岡夏(目黒さん)と別れたあとに働いていた図書館の同僚。水季の娘・海(泉谷星奈ちゃん)を預かったり、保育園のお迎えに行ったり、シフトの調整をしたりと、仕事面だけでなく、さまざまな場面で育児や生活についても母娘2人を支えてきた。

<海のはじまり>池松壮亮が“水季”古川琴音の同僚役 “水季の元恋人”目黒蓮に複雑な感情を抱く(MANTANWEB) – Yahoo!ニュース

水季は母親には、海の父親のことを話していましたが、津野くんにも話していました。

かなり親しい関係であることが分かります。

月岡夏(目黒蓮)に敵意を持っている。

この感情は恋愛関係があったのか、なかったのか・・・

第一話では分かりませんでした。

水季の母親が「お母さん(て呼ぶの)やめてほしいんだけど」と言っていたのが引っ掛かりますね。

第3話 津野くんは水季の恋人ではない・絵本の意味

薄々感じていましたが…

第3話で津野くんはははっきりと水季に片思いしていたことがわかりましたね。

津野くんが図書館で絵本の読み聞かせをしていました。

その絵本が話題になっています。

「タコはビュ~んと空に飛ばされました ヒャ~」

津野くんは海や夏の本を意識的に並べています。

ドラマの小物にもこだわりが感じられますね。

まとめ:「海のはじまり」池松壮亮|水季の同僚の津野くんは恋人?関係は?

目次