本ページはプロモーションが含まれています

「海のはじまり」有村架純・目黒蓮ドラマキャスト・原作・あらすじ・相関図を紹介します!

『海のはじまり』
フジテレビ系月9ドラマ
毎週月曜9時~

目黒蓮さん主演
「親子の愛」をテーマにしたドラマです。
ヒロインは有村架純です。

silentチーム再集結!!
期待の脚本ですね!!

このページでは次のことについて紹介します。

・ドラマキャスト
・原作
・あらすじ
・相関図
・脚本家、演出

目次

予想:恋人役

ドラマ情報解禁時は、恋人役の発表はありませんでした。
SNSではこんな予想の声がありましたよ!

「海のはじまり」いつから「ドラマ名・登場人物」キャスト子役を紹介します!

7月期の月曜ドラマ枠(毎週月曜よる9時)
放送日は情報を確認次第掲載します

月岡夏(つきおか・なつ):目黒蓮

都内の印刷会社で働いている28歳。
都内の大学に進学し、新入生歓迎会で水季と出会いました。
水季と付き合っていたが分かれてから連絡を取っていなかった。
水季の死をきっかけに、自分の娘の存在を知る。

百瀬弥生(ももせ・やよい):有村架純

夏(目黒蓮)の恋人。
弥生は仕事を通じて夏と知り合い、やがて恋人同士となった。
交際が始まって3年が経ち、結婚を考えるようになっていた頃、夏に子どもがいることが判明する。
この事実は夏だけでなく、二人の未来を思い描いていた弥生にとっても驚きの出来事だった。
ある日突然、愛する人に過去の関係で子どもがいることを知った弥生は、何を考え、どう対処するのか。その揺れ動く心情が、この物語の大切なテーマの一つとなる・・・

南雲水季(なぐも・みずき):未発表

南雲水季は、月岡夏(目黒蓮)と大学時代に付き合っていて、その頃に子どもを授かります。
2年生の冬に突然別れを告げ別れる。
月岡には告げずシングルマザーとして娘を育てていました。
そして亡くなってしまいます・・・

海(うみ):泉谷星奈(いずたに らな)子役

月岡夏と南雲水季の娘。

泉谷星奈
「オールドルーキー」綾野剛さんの娘役で稲垣来泉ちゃんと姉妹。
「いちばん好きな花」夜々ちゃんの幼少期を演じました。
「春になったら」赤ちゃんが生まれる時泣いていたお姉ちゃん。
「厨房のありす」

「海のはじまり」原作は?

オリジナルドラマなので原作はありません。

『silent』脚本家デビューした生方美久さんが脚本を手掛けました。

「海のはじまり」あらすじ

28歳の月岡夏(つきおか・なつ/目黒蓮)は都内の印刷会社で働いています。

幼少期に両親が離婚し、母親に引き取られました。

後に母親が再婚し、血の繋がらない父親と3歳年下の弟ができました。

高校を卒業して都内の大学に進学し、新入生歓迎会で水季と出会いました。

最初は彼の言動に戸惑いましたが、徐々に距離が縮まり、付き合うようになりました。

しかし、2年生の冬に水季から突然別れを告げられました。

その後、大学を卒業して就職し、同じアパートに住み続けています。

彼は「んー」という口癖があり、その曖昧な返事に対して「“うん”と“ううん”の間みたいな返事やめれる?」と冗談でツッコまれることもあります。

また、面倒くさいことや頭を使うことを避けて生きてきましたが、大きな挫折を経験したことはありませんでした。

しかし、水季の死をきっかけに、彼は7年ぶりに彼女との別れ以来知らなかった娘の存在を知ることになります。

「海のはじまり」相関図

情報を確認次第、追記します。

「海のはじまり」脚本・演出

脚本:生方美久

プロデューサー:村瀬健

まとめ「海のはじまり」キャスト・原作・あらすじ・相関図について

目次